ねずみ退治をするために超音波を使う

subpage1

ねずみは、物をかじり、糞や尿などを周辺に撒き散らします。

日本経済新聞のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

そして、屋根裏などに侵入すると、夜中に駆け回り騒音的被害を人にもたらすこともあります。



ねずみは夜、活発に行動することがあるため、人が寝静まったころになると、活動し屋根裏を走り回ることで、なかなか寝付けず、ストレスなどもかなり溜まってしまうことでしょう。このような状況をなんとか改善していくためには、ねずみ退治をすることが大切です。また、自宅に居座っている状態ならば、市販されているねずみ退治用の罠などを使うことも、有効な手段といえますが、周回ルートとして定期的に自宅に侵入してくるケースもあるでしょう。
そのような場合には、超音波や忌避剤などを利用して、自宅周辺に近づいてこないように、対策をすることもいいでしょう。
ねずみ退治として超音波で追い払う場合には、センサーによりねずみが通りそうな位置に超音波の装置を仕掛けておくことで、そこを物が動いたりすることで、自動でセンサーが感知し、超音波を発します。


そうすることで、ねずみが嫌がる音波を発するため、ねずみがその周囲に近づかないといわれているため、自宅に侵入させないためには、超音波装置などを利用してみるのもいいでしょう。


また、侵入経路が判明したら、そこから侵入させないために、しっかりと塞ぐことも対策になるので、穴などがある場合には、補強したり塞ぐなどしっかりとねずみ対策をしておくといいでしょう。